2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Geo targeting

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

第10回 芦屋・若松海岸クリーンキャンペーン

Acc_110911

 
 遠賀川に捨てられた小さなゴミが、大雨のたびに河口堰に集まり、海へ流れ出したゴミは、芦屋や若松の海岸に流れ着いています。こうしたゴミは川岸や海岸を汚すだけではなく、漁船のスクリューに絡みつくなどの被害ももたらしています。
 (国土交通省遠賀川河川事務所記者発表 PDFファイル約1.2MB)
 
 今回で10回を迎える「芦屋・若松海岸クリーンキャンペーン」では、遠賀川河口付近の住民の方を中心に、上流・中流域の住民も参加して、清掃活動をしています。
 私達の活動にも、芦屋町北九州市から、たくさんの方々に参加していただいていますので、御礼の意味も込めて毎年参加しています。
 
 ゴミのないきれいな浜辺を取り戻すために、ボランティアに参加してみませんか?
 
 
 開催日    平成23年9月11日(日) 10時開会 (9時45分集合)
          ※雨天時は9月25日(日)に延期
 集合場所  遠賀漁協柏原支所前 (遠賀郡芦屋町大字山鹿柏原2291) 地図
          ※臨時バスが運行されます(申込みは8/31まで)。
            [申込書はこちら(PDFファイル約170KB)] 
 問合せ先  NPO法人 遠賀川流域住民の会 事務局
           〒820-0002 福岡県飯塚市川島683-1
           telephone
faxto TEL&FAX:0948-22-3535
 

2011年8月19日 (金)

嘉麻市協働のまちづくりシンポジウム

Kama_sympo_110911


 「地域のみなさんが主役」を合言葉に、嘉麻市と市民の方々との“協働”によるまちづくりにまつわるシンポジウムが開催されます。

 第1部は、活動事例発表として、嘉麻市内でさまざまな活動を行っている団体の中から、「琴平グリーンクラブ」、「熊ヶ畑花と緑の会」、「長谷山を愛する会」、「大力八丁越えを守る会」が事例発表を行います。
 
 第2部は、宮城県気仙沼市を中心に平成元年から植樹活動を続けている、NPO法人森は海の恋人の副理事長畠山信さんを講師に迎え、「森は海の恋人」~東日本大震災から学ぶこと、気仙沼の現状から~と題して、記念講演が行われます。
 
 
 開催日    平成23年9月11日(日) 13時30分~17時 (13時受付開始)
 集合場所  夢サイトかほ 大ホール (福岡県嘉麻市大隈町1228-1) 地図
 問合せ先  嘉麻市役所 企画調整課
           〒820-0502 福岡県嘉麻市上臼井446-1
           telephone TEL:0948-62-5661 mailto kikaku@city.kama.lg.jp
 

            ※当日は混雑が予想されますので、整理券が発行されます。
              参加希望の方は、事前に上記連絡先へご連絡ください。
             
また、当初講演予定の畠山重篤さんが、都合により変更になったことを、
             
あらかじめご了承ださいとのことです。

嘉麻市森林フェア -「森の木琴」ショートバージョン巡回展示中-

 『森の木琴』で国内外に注目を集めた嘉麻市。その豊かな自然と森林をPRしようと、「国際森林年」の関連イベントとして、8月8日から4週間にわたって≪嘉麻市 森林フェア≫を開催しています。

Dvc00044  

Cimg5552  この嘉麻市 森林フェアでは、福岡県森林環境税で運営されている「荒廃森林整備事業」や、荒れた竹林の整備事業など、森林づくりに関する嘉麻市の取り組みを紹介し、特別展示として、先日の下草刈でお披露目された『森の木琴』ショートバージョンが展示されています。
 
 「この展示をきっかけに、広く市民の皆さんに森林に関心を持っていただければ」とのこと。

 

Dvc00026  私達、遠賀川源流の森づくり推進会議の取り組みや、“グリーン・トレード・プロジェクト”も、一緒に紹介してもらっています。

 グリーン・トレード・プロジェクトのグッズは来場者の方にも好評で、コースターが売り切れになりました。取り急ぎ製作をお願いしていますので、現在、予約を受け付けています(追記・・・8月25日入荷しました)。

 
 

  【森林フェアーの会場と日程】

 碓井庁舎住民センター ロビー [地図]    8月8日(月)~12日(金) [終了しました]
 稲築地区公民館 ロビー [地図         8月15日(月)~19日(金) [終了しました]
 山田生涯学習館 市民ギャラリー [地図]   8月22日(月)~26日(金) [終了しました]
 嘉穂庁舎 相談室1 [地図]            8月29日(月)~9月2日(金) [終了しました]
 <いずれの会場も、展示時間は9時~16時30分>

 
 

続きを読む "嘉麻市森林フェア -「森の木琴」ショートバージョン巡回展示中-" »

2011年8月 2日 (火)

「打ち水大作戦2011 in 嘉麻」に参加してみました!

 嘉麻市が地球温暖化対策の試みとして、昨年から行っている「打ち水大作戦」。今年は碓井庁舎前だけではなく、各庁舎で取り組むということで、近場の嘉穂庁舎での「打ち水大作戦」に参加することにしました。
 

Dvc00215  8月1日17時ちょい過ぎ。どんより曇って、お誂え向きの天気といった感じではないのですが、蒸し暑いので、打ち水でどれくらい涼しくなるのか興味津々。嘉穂庁舎前には30人ほどの参加者が集まりました。
 
 お知らせでは、お風呂の残り湯や室外機からの水などの2次利用水を持参するように呼びかけられていましたが、手ぶらで集まった人のために、環境課が、千手川から水を汲んで来てました。

 
 主催者の挨拶と説明のあと、いよいよ打ち水開始。『打ち水音頭』(そんなんあるんやね・・・笑)に乗って、柄杓や小さなバケツでいっせいに打ち水。

Dvc00216Dvc00217  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dvc00219  数分間、準備された水を全部撒き終って、気温計測。開始前に図った地表近くの気温は31.5℃。それが打ち水後には27.9℃と、3.6℃も下がりました。わずかな時間ながら、結構効果があるんですねぇ。

 近頃は、地球温暖化対策というよりも、節電の方が注目されてますが、打ち水で気温を下げる、古人の智慧に敬服しました。
 
 右の写真は、参加記念の「エコタオル」です。
 
 
  

 『昔ながら「涼」ひんやり』

 嘉飯地区の市役所などで5日に行われるイベント「打ち水大作戦」の一環。30人が参加し、近くの川からくんだ水や、持参した風呂の残り湯などをひしゃくでまいた。表面温度計でイベント前後の地表付近の温度を測ったところ、31・5度から27・9度に下がった。嘱託職員の鈴木淑文さん(61)は「水をまくと、たちまち涼しくなりました。3度以上も下がるとは驚いた」と話していた。

 「打ち水大作戦」は5日夕、飯塚市役所、嘉麻市碓井庁舎、桂川町の成田製陶所駐車場、県嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所(飯塚市)の4カ所で行われる。

 < 2011年8月2日付 西日本新聞

2011年8月 1日 (月)

遠賀川源流の森づくり 『下草刈』 2011’

 国道211号を飯塚方面から南へ走り、旧稲築町の沖出を越えると、ぱーっと田園風景が目の前に広がります。夏の風に青々とした稲が波打つ先に、馬見、屏、古処の山々が屏風のように連なっています。
 その馬見山の中腹に、周りの木々とは違う色の場所があります。まるで、親指の爪のような形をしたその場所が、今回の下草刈のメイン会場。去年3月今年3月の2度にわたって、植樹を行った場所です。
 
 
 7月24日(日)8時30分、好天のもと、嘉麻市嘉穂生涯学習センター「夢サイトかほ」の駐車場に約230名のボランティアの方々にお集まりいただき、開会式が始まりました。

Shitakusagari_2011_1 Shitakusagari_2011_2

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 主催者、嘉麻市長による歓迎のあいさつに続いて、下草刈の内容と注意事項の
説明と、例年通りの開会式と思いきや、ここでサプライズ。
 
 
 今年2月古処山で撮影され、6月の「カンヌ国際広告祭」で3冠を受賞したインターネット限定CM『森の木琴』のショートバージョン(約10分の1サイズ、10小節分)が、参加者の前で披露されました(『森の木琴』の詳細はコチラ)。

Shitakusagari_2011_3 Shitakusagari_2011_4  

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 CM製作に携わった製作会社「インビジブル・デザインズ・ラボ」の清川さんも駆けつけ、受賞の報告をしてくださいました。今回のショートバージョンの製作には、清川さんのご協力が大きかったそうです。

Shitakusagari_2011_17 Shitakusagari_2011_18

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 いよいよ、木琴の演奏です。
 
 会場の中から、今日お誕生日を迎える方に、木琴の玉を転がす大役を務めていただこうとしたのですが、今日の方はいらっしゃらず、明日お誕生日の方に転がしていただきました(笑)。

Shitakusagari_2011_5 Shitakusagari_2011_6  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 デモンストレーションで流していた映像のようになかなか上手く転がらず、何度かやり直しましたが、目の前を転がる木の玉が奏でる木琴の音色に、驚きの声と歓声が沸き起こりました。CMとはいえ、地上波で放映された回数が少なかったことから、初めて目にする方もいらっしゃったようです。
 
 この『森の木琴』のショートバージョン。今後は、嘉麻市内での展示が計画されているそうなので、今回見逃された方も、近いうちにお目にかかれるかもしれません。 
 

  【新聞各紙が報じた開会式の模様】

    『カンヌの木琴 お披露目 「10分の1サイズ」 嘉麻市で公開
     < 2011年7月25日付 西日本新聞

    『バッハ奏でる森の木琴 ミニチュア版お披露目
     < 2011年7月25日付 毎日新聞

 

 で、肝心の下草刈りです(つづく)。

続きを読む "遠賀川源流の森づくり 『下草刈』 2011’" »

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »