2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Geo targeting

« 遠賀川源流の森づくり 『下草刈』 開催します! | トップページ | 遠賀川沢登り体験交流会について »

2011年7月 1日 (金)

グリーン・トレード・プロジェクト

Green_trade_project  2011年は、国連が定めた“国際森林年”です。世界中で、持続可能な森林経営・保全への認識を高めることを目的として、様々な取り組みが行われています。
 
 グリーン・トレード・プロジェクトは、森林資源の循環を推進し、自然環境や森林、また木の温もりに興味を持っていただきたいと思い、2009年に始めた活動です。
 
 豊かな森林から育まれた水が川となり、やがて海へ流れ出し、蒸発して雨となり再び緑を豊かにする・・・。このような水と緑の自然のサイクルをお手本に、森から生まれた資源(間伐材・・・主にスギ・ヒノキ)を、再び森(緑)へと返していくことを目的としています。
 
 
 
Green_trade_project_goods_2  間伐材から生まれた製品(グッズ)を購入していただいたお金を、広葉樹の苗木を購入費用などに充て、森に還元していきます。
 
 ○コースター(5枚)     1,000円
 ○バット(ミニチュア)   1,000円
 ○鉛筆立て          800円
 ○木メダル            500円
 
※コースターはバラ売り(1枚200円)も出来ます。
 

 嘉麻市役所ホームページにも掲載していただいています。グリーン・トレード・プロジェクトやグッズのチラシ(PDFファイル)もあります。↓↓↓

  < あなたも森づくりに参加しませんか? -Green Trade Project- >
 

 
 

 【コースター】
Gtpgoods_1 Gtpgoods_1a  
 
 
 
 
 
 
 
 
 勾玉(まがたま)型と、たまご型があります。 
 近畿大学建築・デザイン学科の学生さんにデザインしていただきました。
 
 
 【鉛筆立て】
Gtpgoods_2 Gtpgoods_2a  
 
 
 
 
 
 
 
 
 鉛筆を差した姿は、木の枝をイメージしています。
 
 
 
 

  
 【バット(ミニチュア)】
Gtpgoods_3 Gtpgoods_3a  
 
 
 
 
 
 
 
 
 ミニチュアのバットで、長さは約50cmです。
 サインや寄せ書きをして、記念品として利用することも出来ます。
 
 
 【木メダル】
Gtpgoods_4 Gtpgoods_4a  
 
 
 
 
 
 
 
 
 金メダルではなく、“”メダルです。
 透明なアクリル板をネジ留めしています。ドライバーでネジを外すと、写真や絵などを中に飾ることが出来ます。
 
 ※なお、コースター、鉛筆立て、バットには、ひび割れや反りを防ぐために、“背割れ”や芯のくり貫きを施しています。
 
 
 
Gtpgoods_0  スギやヒノキの人工林を健やかに保つための間伐。これまでは山中に切り捨てられたままになっていた間伐材を、どう活かすか・・・。グリーン・トレード・プロジェクトは、その道筋の一つとして取り組んでいます。
 
 豊かできれいな水を育む森づくり。そのきっかけとして、あなたも参加してみませんか? ご購入、お問い合わせ等については、当事務局までどうぞ。
 
 

 遠賀川源流の森づくり推進会議 事務局
    〒820-0392 福岡県嘉麻市大隈町733
    telephone TEL:0948-57-3104 faxto FAX:0948-57-4020 mailto

« 遠賀川源流の森づくり 『下草刈』 開催します! | トップページ | 遠賀川沢登り体験交流会について »

001.活動・取り組み」カテゴリの記事

004.トピック・各種情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1533641/40628138

この記事へのトラックバック一覧です: グリーン・トレード・プロジェクト:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/07/02 08:57) [ケノーベル エージェント]
嘉麻市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 遠賀川源流の森づくり 『下草刈』 開催します! | トップページ | 遠賀川沢登り体験交流会について »