2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Geo targeting

2015年2月 8日 (日)

2年ぶりに開催! 『遠賀川源流の森づくり植樹2015’』に参加してみませんか?

 遠賀川源流の森づくり推進会議では、50年・100年後の自然を守り、次代を担う子供たちを育てるために少しでも役立つよう、遠賀川源流の地で植樹活動を行っています。


Shokujyu2015_2

 今年は2年ぶりに、登山植樹を行います。ここ数年植樹を行ってきたヲヲガンノ植樹地と西馬見植樹地でシカの食害が大きいため、補植を行います。開催日は3月8日(日)ですので、みなさまのご参加をお待ちしております。


日     時  : 平成27年3月8日(日) 8時30分 (受付:8時~)
集 合 場 所  : 旧大隈小学校グラウンド (福岡県嘉麻市大隈町731

服装と持参品 : 山に登って作業のできる服装&靴、軍手、タオル、帽子、
          水筒、リュックサック

           ※参加費は無料です。
お問合せ先 : 遠賀川源流の森づくり推進会議 事務局
お申込み    〒820-0392 福岡県嘉麻市大隈町733
          telephone TEL:0948-57-3104 faxto FAX:0948-57-4020 mailto  


 事前に参加申し込みが必要です。メール(右サイドバーの「メール送信」をクリック)、FAX、またはお電話にてお申し込みください。(団体の方は下記の「申し込み名簿」をご利用ください) 

Images_2「申し込み名簿」をダウンロード   



 

白馬山麓の桜植樹に参加しました

 昨日・今日に予定していたウインターキャンプを中止したので、NPO法人「水土里農えにし」さんが主催する桜の植樹に参加してきました。


Shokujyu_1502081

 はじめに、溝口理事長から主催者あいさつのあと、引き続き、今日の作業の説明がありました。


Shokujyu_1502082

 今日の白馬山麓は、小雨が降るあいにくのお天気。高台にある会場は、冷たい風が吹いていましたが、50名ほどの参加者が集まっています。


Shokujyu_1502083

 説明終了後、まずは国道322号バイパスに面した斜面から作業開始。こちらでは2mほどの黄桜(御衣黄鬱金桜)の苗を植え付けていきます。
 

» 続きを読む

2014年7月11日 (金)

遠賀川源流の森づくり『下草刈』 今年も開催します!

 台風8号が、日本各地に大きな爪あとを残して通り過ぎましたが、ここ嘉麻市はなんとか無事で済んだようです。


Genryuu_201404

 本年も遠賀川の水を育む源流の森づくりのため、恒例の下草刈を開催します。場所は、これまで植樹を行ってきたヲヲガンノ植樹地と西馬見植樹地の2ヵ所を予定しています。ご参加いただけるボランティアの方を募集しておりますので、よろしくお願いいたします o(_ _)oペコッ


130728_1

 詳しくは次のとおりですので、ご連絡をお待ちしております。 
 
 ※下草刈(したくさがり)とは・・・植栽した苗木の育成を妨げる雑草や潅木(かんぼく)を
刈り払う作業。
   一般に植栽後の数年間、毎年春から夏の間に行われる。下刈りともいいます。


130728_2


 開催日    平成26年7月27日(日) 8時:受付開始 / 8時30分:開会式

 集合場所  (旧)大隈小学校グラウンド (福岡県嘉麻市大隈町731) 地図
          (駐車場:嘉麻市役所嘉穂庁舎駐車場をご利用ください)

 参加費    無 料 (ただし、交流会に参加される方は参加費1,000円が必要です)

 持参品    水筒、タオル、長袖シャツ、帽子、
       斜面等でも作業できるしっかりした靴、鎌(準備できる方)

 問合せ先   遠賀川源流の森づくり推進会議 事務局
           〒820-0392 福岡県嘉麻市大隈町733
           telephone TEL:0948-57-3104 faxto FAX:0948-57-4020 mailto 


Shitakusagari2014  

2014年5月 5日 (月)

森林(もり)の恵みを地域の力に - 遠賀川源流の森づくりシンポジウムin嘉麻2014 -

Genryuu

 私達はこれまで、遠賀川の水の恵みを育む森づくり(広葉樹の植樹・下草刈等)を中心に活動を行なってきました。みなさまのご支援・ご協力により、総計8.8haの植樹地での植栽が完了した今、活動の深化や新しい取り組みを考える時期が来ています。

 そこで、毎年3月に行っている植樹に代わって、シンポジウムを企画しました。


Poster_20140601

 本シンポジウムでは、森林の現状を市民の手で調査する「森の健康診断」や、山に放置されたままになっている間伐材を運び出し、地域通貨と交換することで、森と地域経済を元気にする「木の駅プロジェクト」を全国30ヶ所以上で展開されている丹羽健司氏を講師にお招きし、山の恵みと地域を活性化する実例をご紹介いただき、林業関係者や森づくりに携わっている方々をパネラーに迎えたパネルディスカッションを通じて、みなさんと共に、今後の森づくり活動の展望を探りたいと考えています。
 

» 続きを読む

2014年4月27日 (日)

ようこそ! 未来の遠賀川のスペシャリスト !!

140427_00

 将来の遠賀川のスペシャリストを育成しようと、NPO法人直方川づくりの会を中心に組織された「遠賀川流域子ども水フォーラム」の皆さんが、“遠賀川を知ろう”というテーマの講座の現地研修で、遠賀川源流点を訪れました。


140427_01

 源流点へ向かう前に、説明と自己紹介する森会長。奥におられる女性は、直方川づくりの会の野見山理事長。


140427_02

 このあと、源流公園を出発して、山の中を歩いて源流点を目指しました。
 

» 続きを読む

2013年12月29日 (日)

若水汲み用の竹筒作り

 昨年の「森の木琴復刻祭」以後、すっかり更新が止まっておりました m(_ _)m 一部には、燃え尽きたか・・・との声もありましたが、活動はちゃんと続けております。

 2013年も残り3日の朝は雪景色。雪降る中、来年元日用の若水汲み用の竹筒作りに参加してきました。

131229_01

 水筒になるように、節を2つずつ残しながら切り分け、上の10cmほどを注ぎ口にするために半分に切る。


131229_02


 取ってきたのは真竹。3~4mに切り揃えたものが30本ほど。軽トラ2台分。


131229_03

 2つずつ節を残しながら、注ぎ口部分は半分まで切り目を入れる。


131229_04

 注ぎ口部分は、ナタで軽く割っていく。


131229_05

 形が整ったら、ドリルで注ぎ口と紐通しの穴を開け、麻ひもを結んでいく。この工程は、子供達もお手伝い。
 

» 続きを読む

2012年8月11日 (土)

森の木琴イベントバージョン@織田廣喜美術館 -forest xylophone event version-

 2012年8月6日、織田廣喜美術館で収録した『森の木琴』イベントバージョンの動画です。
 


 
 

 福岡県知事の「ふるさと訪問」で、小川知事が嘉麻市を訪れた時に披露されました。
 
 場所といい、ライティングといい、昨年の「嘉麻ふれあいまつり」の時より格段に良い環境で収録できました。
 
 

«森の木琴 あの森で1日限りの復刻祭 !!